2009年の活動

  47-1.jpg  

11月20日(金)

向原東町会60周年記念祝賀会 @目黒雅叙園

roots GOSPEL Choir

百段階段など歴史的建築が有名な目黒雅叙園。
和の粋を感じさせるその場所で、賛美する機会を得ることができました。

ノリのいいアカペラコーラスで歌いながら入場。何せ記念の日。来賓の方々の反応が気になるところでしたが、ノリのいい曲では手拍子を、しっとりとした曲は、じっと聞き入ってくださいました。そして最後は会場一緒に「Joy!」の大合唱。
目があえば、にっこりと微笑み返してくださる来賓の方々。皆の楽しそうな姿が印象的でした。
60周年、おめでとうございます!

 

 

 

 

11月15日(日)

オープンチャーチコンサート @下北沢富士見丘教会礼拝堂

roots GOSPEL Choir

お天気も良く暖かい休日の昼下がり、郊外住宅街に位置し歴史ある富士見丘教会でオープンチャーチコンサートは始まりました。

歴史を物語る威厳を感じつつ、温もりのある音色を醸し出すオルガン演奏、ピアノソロやフルート四重奏曲等のクラシックあり。我がrootsのパワー溢れるゴスペルコーラスあり、そして何よりも吉弘 知鶴子さんの“Amazing Grace”
ソウルフルなゴスペルピアノを聴けたのは☆幸運☆でした。
そしてゴスペルクワイヤー「Voce」さんの熱唱“Friend Of God” を皆で讃美し…
多彩な音楽をたっぷり味わった後、心に響く クワイヤーチャイムを聴き“丘の上に十字架たつ”を讃美してコンサートは温かい拍手につつまれて終了!

心がホッとする楽しいひと時を過ごすことができました。素敵な一日に感謝! ♪Joy Joy Joy♪

  46-1.jpg  
45-3.jpg

11月7日(土)

目黒区立向原小学校80周年記念祝賀会 @向原小学校体育館

向原小PTA有志 + roots GOSPEL Choir

PTAからのお祝いのアトラクションとして”ゴスペルを”という事で、PTAのお母さん達を中心に練習しました。
rootsのメンバーもお手伝いに駆けつけ、Oh Happy Day など3曲を歌いました。

普段、歌にあまり縁のない方や、ゴスペル初体験のお母さんたちもいましたが、インフルエンザの流行で学級閉鎖など、バタバタする中、少ない練習時間に集中して覚え、みごとに感動的なステージを作ることができました。

体育館の高いステージ、フロアーには来賓の方々や同校の教職員の方々というプレッシャーの中、お母さんたちは”大”緊張の様子。でも「楽しめました~」という声もきけました。
また、先生方からは「ほんとうに時間のない中、よくここまで」、「感動しました!!」という感想を頂きました。
ますますゴスペルの輪が広がり、”総勢100名!!の大迫力”というステージなどできたら・・・と、夢も膨らむ今日この頃です。

10月30日(金)

ライヴ @原宿クロコダイル

Breath of Earth

8月に引き続き、秋葉水帆率いるBreath of Earth(BOE)のライブが、原宿クロコダイルで行われた。金曜日の夜、そして月末という忙しいさなかにあって、応援に駆けつけてくれた皆様にまずは感謝。

一言でいえば、「楽しい」ライヴだった。
メンバーが前回のライブとまったく同じというのもその理由の1つだろう。
メインボーカル秋葉水帆&Minako、ギター内田充、ドラム池田成伸、ベースLin、そしてBOEシンガーズ6名の計11名。8月から2カ月、さらに研鑽を重ね、同じ時を過ごし、BOEは確実に成長を遂げた。
ゴスペルという音楽を伝えたい。そんなひとつの気持ちを持って、ライブを楽しむメンバーたち。思いが最高潮に達したのが「Oh Happy Day」のとき。軽快なギター、巧みなベースソロ、頼れるパーカッション。そこにメインボーカルのリードで、シンガーズの声が重なっていく。音楽って楽し い!送り手の気持ちは受け手の聴衆にも伝わるもの。そんなBOEの思いに聴衆も応えてくれ、ともに歌ってくれた。そしてその勢いのままエンディングへ。
いつ来ても楽しい、そんなライブを提供すべく、BOEはますますパワーアップしていく予定。
応援よろしくお願いします!

44-3.jpg

   43-3.jpg

10月18日(日)快晴

秋の西小山まつり @西小山公園

MAG + roots GOSPEL Choir

晴天に恵まれ、地元西小山ニコニコ商店街の秋祭りは春に続いての出演でした。

商店街に響く、子供から大人まで総勢約50人の声。
心を込めて、愛にあふれた賛美が出来た事、主催の方々や聴きに集まって下さった方々に感謝します。
前では、カワイイ子供たちも一緒に振り付けを真似て楽しんでいる姿に、「嬉しかった~」
とお母さんクワイアーの声。子供たちも練習の少ない中、めいいっぱい楽しめ、充実感いっぱいでした。

※ “MAG” とは略称で本名は“向原All Genaraition GOSLE CHoir"
目黒区向原小学校放課後フリークラブの中にあるゴスペル教室で、rootsのディレクター水帆が指導にあたっています。

 10月17日(日)快晴

心弦二胡教室・第13回定期演奏会 ゲスト出演
 
@きゅりあん大ホール

roots GROOVEL+


9月のSpecial Concertでゲスト出演してくださった心弦二個教室の定期演奏会に、今度はrootsがゲストとして歌ってきました。

「ゴスペルと二胡でコラボレーションしよう」
そんな話が出たときは、一体どんな音楽になるのか、ゴスペルを歌う側も、二胡を奏でる側も、互いに興味津々。
そしてできあがったのは・・・
まるでミュージカルのワンシーンのような、二胡とゴスペルが奏でる悠久の美“Amazing Grace"!
ア カペラで歌がはじまると、厳かな空気が会場に満ちる。広いホールの響きは、教会のそれにも似て、気持ちがよいほど澄んでのびやか。そんな声を追いかけるよ うに二胡が答える。最後には歌と二胡がひとつになり、美しい響きを生み出す。ほんのわずかな時間でしたが、心地よい音のシャワーが会場中に降り注いだ、そ んな感覚を覚えました。

一連のコラボレーションを通し、二胡奏者からは「新鮮で楽しかった」、「とても感動した。二胡へのモチベーションもあがった」とうれしい感想が。
ルーツからの参加者も「歌っていて気持ちよかった」、「二胡というジャンルを知ることができ、いい経験ができてよかった」との声.
音楽を通じて新しい発見がある喜び。それを肌で感じられた貴重なひと時でした。

42-1.jpg
   40-1.jpg   40-2.jpg
40-3.jpg   40-4.jpg

10月4日

Fellowship Live A Party
@Cafe Shion

 roots プライベートレッスン生徒

オリジナルソングあり、ピアノやギターの弾き語りあり。ボイストレーニングやピアノを学ぶプライベートレッスン生の発表会が洗足のCafé Shionで開催されました。

 日々顔をあわせることの少ないプライベートレッスン生が一堂に会したこのイベント。歌やピアノを披露するだけでなく、互いの活動を報告しあい、交流するのも目的の1つ。だからその名も“Fellowship Live & Party”。

 司 会の川島先生の愉快なトークを交えて進められていくLive。日々の生活で感じたこと、異国の土地で受けた衝撃、大切な人へ向けての気持ちなどを綴ったオ リジナル曲や大好きなコピー曲。それぞれの思いを歌にこめるボイストレーニング生たち。心打つフレーズには、観客も湧きました。中盤からはピアノ弾き語り。これは主にピアノ生が披露。皆、緊張しつつも日々の練習の成果を発揮できたようです。
 発表会のあとはLet’s Party! 音楽を通じて集まる仲間たちとの交流タイム。Liveの緊張も解けて和気あいあい。途中の先生たちの模範ライブに「あんなふうにパフォーマンスできるようになりたい」と思いつつ、有意義な時が過ぎていきました。

913日(日)

roots Special Concert vol.7~Amazing!太陽と大地~
@荏原文化センター大ホール

rootsゴスペルクラス+rootsキッズ

大地と太陽を賛美した生命みなぎる発表会!!

 その日はまさにAmazing!
前日まで土砂降りだった東京は、うそのようにからりと晴れ、テーマどおり「太陽と大地」に祝福されたような秋空となった。
 そんな空よりも晴れやかな子どもたちの大合奏で発表会の幕が開く。
一部は子どもたちが主役のキッズミュージック発表。堂々と歌うキッズボーカル生。その伸びやかな声にあわせた応援パフォーマンスで会場が沸く。
「萌え~」とつい言ってしまいたくなるほどの、
かわいらしいキッズピアノ生の楽しげな演奏が花を添える。
続くキッズミュージッククラス・キッズペルの歌声は、会場中に元気を振りまいた。

地鳴りのようなチューニングの声。それを合図に「Amazing Grace」が響き渡る。二部はゴスペルコンサート。心をこめて、歌いたい―。ソロとクワイヤの想いがひとつになり、大きな賛美の波となって会場を包んだ。

心弦二胡教室の生徒をゲストに招き、再び「Amazing Grace」。
東洋の二胡と西洋のゴスペル。ミスマッチにも見える2つの音楽。それが絶妙に絡み合い、なんとも新鮮なハーモニーを生み出した。

「元気をもらった!」
「皆も楽しそうだったけど、見ている自分はもっと楽しかった!」
会場からそんな賛美の声をいただいた。

ご来場の皆様に心より感謝。 そして、God Bless You!

38-1.jpg   38-2.jpg

38-3.jpg

 

   
37-2.jpg

8月23日(日)

ライヴ @ 三軒茶屋Grapefruit Moon

Breath of Earth

当日の三軒茶屋駅前では“三茶フェスティバル”の真っ最中。
Breath Of Earth(BOE)のライブも負けていない。
三軒茶屋地下にあるライブ会場、Grapefruit Moonでは、地上をふるわす程のアフリカンリズムと、ロックの融合によるゴスペルライブがBreath of Earthによって行われていた。

メインボーカルの水帆、Minakoを先頭に、ギター内田充、ドラム池田成伸、ベース林 有希、そして、BOEクワイアー6名でライブは行われた。
 水帆、Minakoの歌声は、熱くそして優しい。2人の歌声はオーディエンスを至福に満たした。ギター、ベース、ドラムというシンプルなバンド編成だったにもかかわらず、彼らの演奏は重厚かつ煌びやかで、2人のメインボーカルをしっかりサポートした。そして、6名のクワイアーの一体感がメインボーカルとバンドの土台役をみごとに務めた。
演者、そしてオーディエンスが一つとなり、ハウスを魂をロックさせた。
 ライブ中、雨乞いの歌「Holy Sprit Rain Down」を歌ったが、その直後、本当に雨が降った!!それは、太陽がでている中での一瞬の雨だった。
彼らの賛美が本当に天に届いたのかもしれない。ハレルヤ!!

Breath of Earth次回ライブは、10月30日(金)原宿クロコダイルで行われる。これからもライブ情報アップしていくので、ぜひ見逃さないでいて欲しい!!

8月6日

夏休み!子供国際交流クラブⅡ
英語でゴスペル~みんなで歌って踊ってみよう!!
@ かつしかシンフォニオヒルズ

水帆 ゴスペルワークショップ

ルーツ、葛飾区に初上陸!!
総勢41名の葛飾キッズたちと歌って踊ってきました。
小学生を対象にしたこのプログラム。ほとんどの子供たちはゴスペルも英語も初体験。

「楽譜が読めなくても大丈夫だよ。英語が始めてでも大丈夫だよ。」

最初は、緊張気味のキッズたち。
でも、水帆先生のディレクションと、福留樹里先生のピアノに合わせて、体をめいっぱい使って歌い始めたとたん、キッズはすっかり英語の歌詞とリズムにとけ込んで、笑顔があふれてきました。

飽きさせずに続く、川島雅子先生の ミニミニ英語でのグループ分け。
グループに別れてのリズムアンサンブルの練習では、池田成伸先生にリズムを教わりながら・・・手足でリズムを刻むのは、なかなか高度なワザ。
キッズは真剣そのものでした。
最後は、キッズのご家族を呼んで、練習した成果のお披露目をしました。

子供たちに今回のワークショップの感想を聞きました。
「えいごだから、さいしょはきんちょうしたけど、たのしかった」
「おどりがたのしかった」
「またやりたい。」
などなど。。。ワークショップは2時間でしたが、アトラクション満載にしたせいか、あっという間に過ぎてしまいました。

先生達も、また、やりたいなぁ。

36-3.jpg

36-2.jpg   36-1.jpg

  
  

 

カテゴリ:イベント
ページ上部へ