コンテンツ

七條 正 TADASHI SHICHIJYOU

担当:クロさんのアフリカン・ドラム入門初級

kurosan.jpg

パーカッショニスト
Afro-Brasilairo Percussion “Alawodudu”代表
ステージディレクター(舞台監督)
パーカッション講師

ブラジルサルバドールのカーニバルにNataka Toshiaの打楽器奏者として2回参加。

アフリカンパーカッションはSawada Naoya氏に師事。2007年より東京でアフリカ系ブラジルパーカッショングループ“Alawodudu”を主宰。
ブラジルフェスティバル、アフリカフェスティバル等東京エリアのイベントを中心に演奏活動を続けている。

少年時代よりブラックカルチャーに深い興味を示し、魂のルーツを探るためアメリカ、カリブ、ブラジル、アフリカなどを旅する。
エンターテイメントの都ニューヨークには渡航40回以上。
ハーレムアポロ劇場のステージで2000人の黒人観客の前でアフリカンサバールダンスを披露。
Rラッカー氏の元で約7年間ブラックゴスペルに取り組む中で黒人独特のリズム感の他に指揮や舞台構成を学び、全米最大級のブラックゴスペルワークショップGMWAに2回参加。
2002年にはブラジルリオのカーニバルにダンサーとして参加を果たす。
2006年西アフリカを単独横断、各地の文化やリズムに触れる。
セネガルでは得意の空手と柔道とリズム感を生かしてセネガル相撲で現地の選手と対戦し全戦全勝。
 

元公立中学校英語教師
空手二段(国体、全日本選手権出場)
柔道初段(中学柔道部顧問として生徒を全国大会へ導く)

 

ページ上部へ